その時々の趣味に走る落書きブログ(開始当時銀魂)。時々写真。

蒼天

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

銀魂第226訓感想

ジャンプ40号銀魂第二百二十六訓「手をのばす程に遠くなる」感想。
そうきたか空知先生!

ネタバレなので続きへ。
  1. 銀魂ジャンプ感想
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


ハッチが開き、地下吉原に太陽の光が満ちる。

月詠たちも太陽の光を見つめ・・・そうか、遊女達も日の光をずっと拝んでなかったのか。

銀時の後ろから射す眩い光に、鳳仙は身動きが取れなくなり、
光に反応した肉体の細胞レベルでの崩壊がはじまる。
目も光に射られ、血が流れる・・・。ひー・・・。

制御室では、銀時を信じる新八神楽が、制御盤をたたく晴太を護り戦っていた。
晴太君8歳だっけ?機械操作スゲーなオイ。(いや、ここでそれツッコんじゃだめだ、きたやさん)
ほら、火事場のクソ力ってキン肉マンも言ってるし。

夜王の鎖を・・・焼き切れェェェェェ!

その背に光を負い、
たくさんの想いを背負い、
銀時が突き進む。
(助けてくれかっこよすぎだ!!)

洞爺湖の一撃で飛ばされていく鳳仙・・・!

それを見つめる月詠たちと、
一瞬、素に戻ってる神威・・・。
あわわわ・・・神威こわいよ。

建物の外、まさに日のもとに飛ばされた鳳仙は光に包まれ―。

回想。

ねエねエおじちゃん・・・。

!!

これは幼い頃の日輪か?!

どんなに叱られ邪険にされても、鳳仙に光を与えようとした子供。
その子の心はお日様のように温かく、そして眩しい。

本当は・・・その光を誰よりも欲していたのに。
なぜこうなってしまうんだろうね。

泣かせる気かコノヤロー!(T□T)

やっぱりただの悪人で終わらせない空知先生。

続く。

夜王の鎖を・・・「解き放て」と頭に浮かんできた自分が呪わしいぜ。なんでだろうな。キバ・・・・?

次回予告。
「月より飛来する天人!はたしてその正体は!?」
セーラームーン夜兎じゃなくって?お月見?
また嘘だろ。いや、ホントでもいいけど。

来週は巻頭カラーだぞ!
25巻は9月4日発売です!(一部地域を除く・岩手は一日遅れです)

巻末コメント。
先週掲載のアルバイターキンタロウの高橋さんは、アシスタントさんだったらしい。そういや、好きな作品に「銀魂」とあったっけ。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

<<25巻表紙は月詠 | BLOG TOP | 地味に2000打ありがとうって感じで>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。