その時々の趣味に走る落書きブログ(開始当時銀魂)。時々写真。

蒼天

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

アニメ銀魂第135話「地球の前に、もっと危ない『ギンタマン』の未来を考えろ」感想

12月4日放送・アニメ銀魂第135話「地球の前に、もっと危ない『ギンタマン』の未来を考えろ』感想。

マジ、時間に追われてるんで、簡単にいっていいすか?(クイッ)

ま、そんなわけだけどー、ネタバレだと思うんで、続きに行くぜ。


  1. 銀魂アニメ感想
  2. / トラックバック:2
  3. / コメント:2

ストーリー仕立てになってますが、「洞爺湖サミット」の映像化と思ってくれていい。


「テレビを見るときは・・・」の注意は、ゴリラ語で。あ、ゴリラじゃないっけ?天知語?

ジャンプ編集部。
今、ギンタマンの担当編集者は大藤(声・檜山さん)に変わっており、ギンタマンの人気は再び低迷しているのだった。
かつての担当小西は、今は超人気漫画、ワンパークの担当に出世(出世なのか?)。
てかそのワンパークだけど、主人公の顔が・・・ギンタさんみたいじゃね?ワンパーク作者ヨダ先生の絵柄って・・・?!
大藤は、以前π(パイ)シールドの担当をしていた。(πシールド=美少女アメフト漫画らしい(笑)元ネタ→アイシールド)
しかし今は・・・落ち目の芋っぽい漫画担当にまわされたとため息をつく日々。

落ち込む大藤が電車に乗っていると、隣の席の銀髪の男がジャンプを読みながら、ギンタマンに駄目出しをしていた。
ジャンプでのギンタマンの掲載位置は「ニャガーさん」(ジャガーさんな)の前って・・・・。
連載終了が危ぶまれる位置ですね・・・・。アイタタ・・・。

あ、元ネタ連載漫画名、めんどいから以下略な。分かんなかったらジャンプ読め~!

その男・・・銀さんが、以前ギンタマンにてこ入れをした伝説の男だと気づいた大藤は、土下座して銀さんに教えを請うのであった。


てな具合に、井の頭公園・・・かどうかは知らないが、公園で、大藤、天知、小西、銀さん、そしてめぞんどギンギンで(銀魂界では)有名なマンガ家小石が待ち合わせ、ギンタマン対策会議をひらくことに。
小石先生、下半身丸出しのとこに天狗さんのお面という変態な格好で登場。
いぬまる君か?

奇跡の復活を遂げた(笑)小石の現在のジャンプ連載漫画は「あそこまるだし」←注・タイトルです。
実際の大石先生の漫画は「いぬまるだし」です。
あーあ・・・でも、タイトルどおりの漫画だヨ(笑)。丸出しだよ。
いや、私結構好きなんだけどね「いぬまるだし」。ちょ・・・みんな、何その目?!結構面白いじゃん!!
変だけど。
後スケダンとかぬら孫とかバクマンとか好きだよ。関係ないか。

会議は居酒屋で行われた。
焼き鳥でケンカする小西と小石(ややこしいわっ!)
銀さんさり気にパフェ食ってる。

で中島未華子ネタがでてくるんだな。
ま、そういうことで。
天知先生が脳内で映像化。

ギンタさんと中島未華子の幼馴染ストーリー。

少年ギンタさんの声・杉田(笑)
高校時代のギンタさんの声、アムロみたいだな、杉田さん。
こんな少年漫画調ギンタさんがなぜあんな劇画調のギンタさんの顔に?!謎。

アホなアイデアだしまくって、後は天知に任せ、キャバクラに行っちゃう天知以外の4人。
秋元っつった?銀さん?

そして、後半。
それらのアイデアをあわせたギンタさんの漫画ができました。

大人ギンタさん声・杉田(笑)。
グラさん(声・釘宮さん)はともかく、ぱっつぁんのセリフ全て「どんだけー」。
阪口さん、そんだけ?(泣)
あ、エリーの人形だ。
ギンタさんが行った歯医者の女医さんは、幼馴染、中島未華子(声・ゆかなさん)だった。
未華子ちゃん、それって何の真似?ヅラの真似?
ロマンチック幼馴染ラブストーリーかと思いきや。

ひろし?どう見てもど根性がえるのひろし・・・シャツの胸にかえるじゃなくてエリーがついてましたが。

ホントに全ての対談ネタをくっつけてきました。

て、最後はガンダムか?なにこれ違う漫画?!

さようならギンタさん・・・!

ってギンタさんこれで最終回かよ!!

なんだこりゃ?!

さて、次回の銀魂は・・・・・アレ?放送事故ですか?(笑)
間に合わなかったって・・・・何?!

って結局感想なげーよ!!

全体として杉田祭りでした。色んな杉田さんがいたね。

OPとEDの新八かわいいなあとか思いました(今更だが)。
あ、中島未華子は、空知先生の絵のほうがかわいくて色っぽかったなあ・・・と思いました。
当時この対談読みたくて、赤丸買いました。
べ、別に、「かぶき町漢祭りポスター」目当てだったわけじゃないから!そこ、勘違いしないでよね!(笑)

↓よかったら応援のポチお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト

<<コミックス26巻収録と思われる話のジャンプ感想リンク | BLOG TOP | 頑迷です>>

comment

ありがとうございますvv

  1. 2008/12/05(金) 04:59:53 |
  2. URL |
  3. あおり
  4. [ 編集 ]
アニ魂は仕事の時間との兼ね合いで見られないので、なにげにいつもきたやさんのブログで内容チェックしていたりして
今回はざんぷ読んだらオリジナルっぽかったから、一足先に内容が知れて嬉しかったですvv
杉田祭って(笑) めちゃ気になるなぁ~
YouTubeあたりにあがってくるのを楽しみに待ちたいと思います!!

>あおりさんへ

  1. 2008/12/05(金) 05:21:47 |
  2. URL |
  3. きたや
  4. [ 編集 ]
フフフ・・・
私の県では既に3月に最終回を迎え、放送されていませんっ!(涙目)
そう、これは全てヨウツベの動画感想なのです!!
というわけで、私の感想があるという事はヨウツベにあがってるということですよっ。どうぞお楽しみに!
今回は、アフレコ現場の杉田さん想像すると笑えます。
どこら辺までが銀魂だかよく分かりませんけれどね(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

銀魂 第135話「地球の前に、もっと危ない『ギンタマン』の未来を...

  1. 2008/12/05(金) 13:39:27 |
  2. MAGI☆の日記
銀魂の第135話を見ました。第135話 地球の前に、もっと危ない『ギンタマン』の未来を考えろかつて銀時が決めゼリフ“どんだけ~”という適当なアイデアを提供したことにより、メガヒットを飛ばし、アニメ化にまでこぎつけた漫画“ギンタマン”。いまだにジャンプで連載中...

◎銀魂第135話「地球の前に、もっと危ない「...

  1. 2011/02/25(金) 14:46:34 |
  2. ぺろぺろキャンディー
かつて、銀時の適当なアドバイスによってジャンプで絶大な人気を獲得し、アニメ化までされたマンガ「ギンタマン」。ジャンプ編集部の大藤は、そんな人気作の担当を小西から引き継い...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。