その時々の趣味に走る落書きブログ(開始当時銀魂)。時々写真。

蒼天

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

アニメ銀魂第142話「人生は選択肢の連続」感想

1月29日放送銀魂第142話「人生は選択肢の連続」感想です。

初号機暴走・・・!!←スンマセンm(_ _)m

ネタバレ感想は続きへ。 以後シリアスに行きます。
  1. 銀魂アニメ感想
  2. / トラックバック:1
  3. / コメント:2

万事屋三人の前に立ちはだかったのは、・・・阿伏兎!

漫画では意識しなかったが、アニメだと常に薄暗い常夜の国なのだということがよく分かるというか・・・。やっぱアニメいいよな・・・。
ライトは天井が光ってます。
影の濃い中での戦い・・・動乱編もだが、強い印象が残りますな。

シリアスだ・・・。大塚さんカッケーなオイ。

神楽は銀さんに、ここは自分に任せて先に行けという。

新八も、神楽ちゃんは僕が護るから銀さん先に行けと。

新八神楽つかみ合いのケンカ。
新八さりげなく必殺の鼻フックをお見舞いしてます(笑)
神楽にまで鼻フックかーい!

待ち合わせ場所「次会う時は陽の下で」

2人をあとに、鳳仙の元に向かう銀さん・・・。

ここで走る銀さんがかっこいいのでつい一時停止しまくる管理人(オイ)。
手抜いてないわ・・・いい仕事してんな。

「荒挽きウインナー」は読みだけでは放送に問題がないのでそのまま(笑)

その頃月詠は。

階段の上をひたすら護っている。
百華たちからの攻撃には防戦一方。
防ぎきれなかったクナイを体に受けながら・・・・。

なぜ反撃しない?と問われ、月詠は答える。

自分にはおぬしらを殺す権利は無い。これまで、吉原を逃げようとした女たちを始末してきた自分が、掟に背きながら自分だけ生きていけるわけがないのだと。
たが、おいそれとこの先に行かせるわけにはいかぬ。
自分の命を懸けて、時間だけは稼がせてもらうと。

クナイに打たれ、髪が解け、血が滴る・・・。(アニメならではのここの演出がいい(泣))
ついに・・・防ぎきれなくなり、たくさんのクナイが体中に・・・

一瞬静まり返り・・・

百華たちの動きも止まる。

血を滴らせながら立つ月詠の表情は悲しく。
血を吐き、くず折れる。

(やべえ鴨思い出した・・・←ああっ(汗)またかよ!スンマセンすんません!!)

自分が護ってきたのは、心の中に自分自身で作った檻。
結局何も変わらなかった・・・戦うことをしてこなかった・・・

ここ、ジャンプ読んだときも号泣。アニメでもやっぱ涙が・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

傷口からじわっと着物に広がっていく血・・・
ぐっと力を込めて、再び立ち上がろうとする月詠。

脳裏に浮かぶのは、自分自身の檻を破るため戦えと語ったあの日の日輪と、そして、・・・銀さん。
銀さんの言葉のように・・・まっすぐに太陽に向かって最後までたち続けるのだと・・・

光を仰ぐように、ついに立ち上がる月詠。

一斉攻撃を覚悟して目を瞑る月詠だったが、百華たちは武器を捨て、涙を落とす。
彼女らこそ・・・月詠に救われ護られてきた者たちだったのだから。

太陽も月も・・・日輪も月詠も、どちらも吉原を照らす光。吉原の女たちの希望の光は日輪だけではなく、月詠自身でもあったのだと。

微笑んで倒れる月詠。
希望を銀さんらに託して。

ちょうどその頃、鳳仙の元に走る銀さんの懐から落ちる煙管。拾い上げじっと見つめる銀さん。
そして走り続ける。目に見えぬ思いを背に。

一方こちらは神楽たち。

新八神楽は全く阿伏兎にかなわない。阿伏兎、余裕余裕。
神楽が神威の妹だと知った阿伏兎は・・・。

そして晴太。
神威に会っちゃったよ!
神威の両手血まみれだよ!!うぎゃー!

北斗の拳だよ!(違

そりゃ震えるわ。

天井に摑まる神威。アニメすげー。(←語彙が無い)
ミシミシッて、木の欠片が落ちるとことか、いいよな。

アニメこええ・・・(汗)

血まみれの手で晴太の着物の合わせを直す神威。(うわ・・・(汗))
でも、ここ、原作では自分の手のほこり払ってるだけなんだよね。
なんか新鮮な感じした・・・神威が子供の服の合わせ直してるなんて。
彼らは日輪の元に向かうことになる。

そして神楽たちの戦いは?

神楽ちゃんが無茶苦茶かっこいいんですけど。

新八は脇に控えて、

神楽 vs 阿伏兎!

すげえ・・・。
神楽のバトルいつもいい動きしてますけど、今回もすごいわコレ!!
スピード感があってすごい迫力ですね・・・。
神楽転がる転がる。
夜兎同士の戦い・・・激しすぎる。さすが、親子喧嘩でも建物破壊しまくってたあの夜兎!(某星界坊主vs神楽戦)。

神楽ちゃんがかっこよすぎて泣ける・・・!

しかし、結局阿伏兎に圧倒され、右腕を折られる・・・・うぎゃあああ(直視できんわ!)。
関係ないが私も昔左手複雑骨折しました。その腕を見た姉がうぎゃーと思ったらしいです。ああ、子供の頃でよかった。きっと忘れられんだろうなあの形状(どの形状?!)。

続いて神楽の顔を踏みつける阿伏兎。
踏みつける毎に床にめり込む神楽・・・夜兎、変に丈夫なので・・・オソロシヤ・・・。

新八が後ろから槍を刺すが、ちょうど、失ったばかりの腕の位置だったために阿伏兎は無傷。

阿伏兎、刃の部分掴んでますけれど、切れないの?流石夜兎だね?!

かえって新八を返り討ちにし、槍の柄の部分で天井に押し付ける。

阿伏兎クイズを皮肉って挑発する新八。

ああ・・・血イ吐いてる・・・鼻からも血ィ出てるよね・・・コレヤバイだろ・・・死ぬやろこれ・・・

それを見た瞬間、神楽の様子が一変。

すさまじい勢いで反撃を開始する。
目に止まらぬ速さ・・・超人的な動き。歴戦の戦士たる阿伏兎にすら、見極められない動きをする神楽の表情は異常。
理性の無い獣の表情。

「やつはバケモノか」(←注。言ってません)

つか、エヴァ初号機暴走です。

アクションすげえ・・・

つかやっぱエヴァ(しつこいわ!)

阿伏兎やられっぱなしで、ついに屋根の端に追い込まれる。
それでも語り続ける阿伏兎はロマンチストなのか、おしゃべりなだけか、くどいだけか、やむを得ず説明役を買って出ただけなのか(←余計なこと言わなくていいアル。コレはかっこいい演出アルよ)

ついに最後の一撃を食らわそうとする瞬間。
新八が!後ろから神楽ちゃんを羽交い絞めにして止めた!!
阿伏兎にも止められなかった神楽ちゃんを新八が!!

普通なら無理だと思うんですよね。でも、きっと、神楽ちゃんにも分かってたんじゃないかと・・・思いたいですね。

新八の叫びが心に響く。
神楽の心に届く。

それを見つめていた阿伏兎は何を思ったのか。

屋根が崩れ、3人は宙に放り出される。

落ちていく最中、選択問題を出しながら、新八と神楽を救って落ちていく阿伏兎。

暗闇の底・・・奈落の底へと。

なぜ彼はいつもクイズを出すのか。
人生はいつも重要な選択の連続。その選択によって未来は変わっていく。
どちらを選んでも絶望しかないと思われるときも・・・お前たちはどちらを選ぶ?
どんなに辛い選択でも、何を選ぶべきなのかは・・・

どう生きるかは、自分次第。

このとき、阿伏兎が信じたくなったものとは、彼らに託した未来とは?

来週へ。

鶴田さん作監回。作画美麗。
神楽がとにかく良かった。
あと月詠さん。
動きすごかったな。お疲れ様でした。

まあ・・・某動画サイトで見たんであまり画質はよく無かったですけどね(汗)

今週泣いた。ラストの神楽ちゃんへの新八の語りかけでも泣いた。


来週は銀さん見て泣きそうです。

当時ジャンプで読んだときは、ショックで呆然としてた記憶があるから・・・。
だが楽しみです。


↓よかったら応援お願いします。つか今回あらすじばっかだったな・・・シリアス回はヤバイな感想的に・・・
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

スポンサーサイト

<<緊急検証・DE・・・・昨日夕方「まるでダメだった」へ拍手くださった方へ | BLOG TOP | まるでダメだった>>

comment

まだ見てない…

  1. 2009/01/30(金) 22:40:17 |
  2. URL |
  3. 親子銀魂
  4. [ 編集 ]
のでさら~とながしました。
仕事の都合で全然見れてない!
もう2週分ため込んでる。
早く見たい。
でも吉原編は見るのに勇気が…
来週こそはッ!!!
またじっくり読みに来ます♪

>親子銀魂さんへ

  1. 2009/01/31(土) 03:04:14 |
  2. URL |
  3. きたや
  4. [ 編集 ]
毎日忙しそうです・・・お疲れ様です!
吉原編は、改めてみようとするとちょっと覚悟が必要な気がしますね。
早く見られればいいね!
今回は伝説の動乱編103話の作画監督さんで、とにかく力はいってます。すごいですよ!
って私某動画サイトで見たんで画質悪かったんだけどね(汗)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

◎銀魂第142話「人生は選択肢の連続」

  1. 2011/04/18(月) 16:32:42 |
  2. ぺろぺろキャンディー
鳳仙の元へ向かう途中、神威の部下・阿伏兎と遭遇した銀時たちは、凄まじい戦闘力を持つ夜兎族の力に圧倒される。新八と神楽に促され、ひとり鳳仙のもとへ向かう銀時。残った2人は...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。