その時々の趣味に走る落書きブログ(開始当時銀魂)。時々写真。

蒼天

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

アニメ117話「美は夏の果実の如き物」感想

一部地域より、銀魂アニメ117話「美は夏の果実の如き物」感想を簡単に。
プロデューサーのムーさん、いつからいなかったっけ?
続きへ。
  1. 銀魂アニメ感想
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

戦力を三つに分けるって。
Kは昆布のK・・・。
Oは・・・。
九ちゃん・・・・。
って何言わせてんですか、若になんと言う仕打ちをおおおお!若アアアアかわいいです若アアア!
マダオ、ここでも虐げられ。
ま・・・まあ、爺さんズはマイナスだからそれよりは・・・。強く生きようぜマダオ!

そして結局マダオ役に立ってない。一度は命を捨てた身って・・・(泣)。
神楽ちゃん、銀ちゃんの世話見るっていってなかったか?!逃げ足速いな!つーかどうやって壁登ってんの?神楽と九ちゃん。

結局爺さんズは新八が背負って逃亡。力持ちだな新八。

乙姫VSお妙。
真っ直ぐな目で紡がれるお妙の言葉に、かつて銀さんがいった言葉を思い出した。

「最後まで美しく生きようじゃねーか」(1巻)

ここでお妙がいう美しさは容姿じゃない。重要なのは生き方そのもの。

そして最強の女たちが乙姫に挑む。強い。かっこいいよ九ちゃん神楽ちゃん。

お妙さん美しい!(笑)
ナオコ・・・シンジ・・・!(ばくしょう)
いいのかコレ許可とってますか?目隠せばいいのか?!
そういや、プロデューサーのムーさんは元気ですか?(いやクレジットに名前ないけどいつから居ませんですっけ?前から?)

一方爺さんチーム。
やべえ桂爺さん、なんかまったりしてていいな。よっこらせっ。
文句言いつつもちゃんと世話してる新八が好きだ。

乙姫の過去。
なんだか泣けるんですけど・・・・。純粋な思いが長い年月の中でまがっていったのか。
若き日の乙姫様美人。頬を染めてかわいい。
あのときの気持、どうか思い出して。

ついにお妙まで老人ガスを浴び、竜宮城は浮上。

続く。

高島雅羅さんの熱演すごいな。
なんとなく洋画の吹き替えのイメージが強いので、ちょっとびっくり(笑)。

頑張れ銀魂アニメ!
なんか色々、その、応援してますんで。



関係ない話題。

同僚(子安CDを貸してくれた方)に銀魂ビデオ(15~18話←子安回が入ってるのであえて)貸したら、「土方さんかっこいい。あと、高杉の切れた感じが。沖田の黒い感じも」と、お気に召していただいたご様子だ。ククク。
って石田彰はアアア(笑)ヅラアアア!←なぜかヅラをプッシュするきたやさん。
(いやそれよりも、銀さんは?銀さんへの言及は無しなのか?!銀さんんん!)
でも土方さんが気に入るとは思ってたから予想通りだ。
かっこいいからな。マヨだけど。何より声が中井さんだし(中井さんの声が好きだって言ってたので)。これからどんどん崩れていきますが、応援してくださいね土方コノヤローを。
あ?立木さんも好きだって言ってた気がするんですが、マダオへの言及も無しですか?アレ?・・・アレ?おかしいな前が霞んでよく見えないや・・・。

「土方さん、アレどうして怒ってたの?やっぱ自分はもてると思ってるから?」
「屈辱だと思ったんじゃないの?って土方さんもてるだろ。でもその部分はオリジナルだったけどな」
「もてるよねやっぱ」
(ふんどし仮面の回についての会話)

「銀魂でも泣ける話があるってことが分かりました」
(いつもきたやが銀魂で「泣いた」というのに不思議そうにしていたので)

銀魂普及委員会としては銀魂普及には成功しましたが、銀さん普及には失敗したか。チ。

押してもらえると嬉しい↓
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

<<アニメ動乱編やっぱかっこいい | BLOG TOP | マヨネーズ買えました>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。